Amazon Echo(アマゾンエコー)とは

Amazon Echoの性能と価格
Amazon Echo(アマゾンエコー)とはAmazon.com(アマゾン)から発売されているAlexaという人工知能搭載のスマートスピーカー(AIスピーカー)のことです。
海外ではすでにメジャーになりつつあるスマートスピーカーではAmazon Echo(アマゾンエコー)が現在No.1のシェアを誇ります。

アマゾンからは複数種発表されていますが、今回は最も一般的になりそうなAmazon Echo(アマゾンエコー)を紹介したいと思います。
アメリカではすでに発売されているAmazon Echo(アマゾンエコー)ですが、日本国内では2017年中に発売されることが決定されており、かなり注目されています。
そんなAmazon Echo(アマゾンエコー)ですが、アメリカのAmazon PRIME会員がAmazon Echo(アマゾンエコー)を購入したところAmazon.comで買い物する金額が10%もアップしたと言われています。

そんな国内でも発売が待たれているAmazon Echo(アマゾンエコー)の性能や特徴、価格などを紹介していきたいと思います。

Amazon Echo(アマゾンエコー)の特徴

現在発売されているAmazon Echo(アマゾンエコー)は第2世代と言われており、第1世代とは金額も見た目のデザインも変わってしまっています。
ここでは日本でも発売されるタイプの第2世代を紹介しています。
第2世代はスピーカー周りに布製のカバーが巻かれており、無機質な第1世代とは違い見た目も生活空間に溶け込むようなデザインになっています。

名前 Amazon Echo(アマゾンエコー)
販売元 Amazon.com
発売日 11月8日
価格 99ドル(約11000円)
人工知能名 Alexa(アレクサ)
大きさ 幅8.89cm×高さ14.986cm
重さ
機能 アマゾンから発売されるということで、音声によるAmazon.comでのショッピングが可能になります。
Amazon Echo(アマゾンエコー)特有の詳しい機能は日本での発売時に追記していきたいと思います。
その他

Amazon Echo(アマゾンエコー)のカラーバリエーション

Amazon Echo(アマゾンエコー)はブラックとホワイトの2色でしたが、第2世代となり6色になりました。
Amazon Echoの性能と価格

Amazon Echo(アマゾンエコー)の内部構造

Amazon Echo(アマゾンエコー)の内部構造はこのようになっています。
Amazon Echoの性能と価格

Amazon Echo(アマゾンエコー)のAI『Alexa』とは

Amazon.comが開発した人工知能のAlexaの特徴を幾つか記載しておきます。

Amazon Echo(アマゾンエコー)をお得に購入する方法

現在アマゾンはアマゾンプライム会員の囲い込みに力を入れています。
以前行われたアマゾンプライムデーでAmazon Echo(アマゾンエコー)の値引きが早くも行われていました。
Amazon Echo(アマゾンエコー)を購入しようと考えている方でまだプライム会員になってない方は検討したほうが良いかもしれません。

アマゾンプライム会員がAmazon Echo(アマゾンエコー)を購入したところ10%以上もアマゾンで買い物する金額がアップしたと言われています。
今後スマートスピーカーが日本で爆発的に普及することを考えれば、アマゾンにとってもAmazon Echo(アマゾンエコー)をいち早く広めたいに違いありません。
月額325円のプライム会員になれば様々なメリットがあります。
Amazon Echo(アマゾンエコー)を購入されるならアマゾンプライム会員になってから購入したほうが良いと思います。

Amazon Echo(アマゾンエコー)でできること

Amazon Echo(アマゾンエコー)で現在できるサービスを見ていきたいと思います。

Amazon Echoに好きな名前をつけることができる

すでにスマートスピーカーを使ったことがある方ならわかってもらえるかと思いますが、『OK Google!』や『Hey Siri!』なんて呼ばなきゃいけないことに若干のストレスを感じてしまいます。
名前が長いし呼びにくいんですよ!
Amazon Echoには自分で名前をつけてあげることができますので、自分でつけた名前で呼ぶことで反応してくれます。
好きな名前をつけれるのは地味に嬉しいものです。

Amazon Musicのサービス利用

Amazon Echo(アマゾンエコー)に音楽をかけて!というと
音楽のストリーミング再生が可能となっています。
またそれ以外の音楽サービスも利用できるようです。
詳しいことは実物を手にしてから記載していきたいと思います。

Amazonで買い物ができる

アマゾンプライム会員であれスピーカーに話しかけることで買い物ができるようです。
プライム会員以外の方は利用できないという噂です。
例えばトイレでトイレットペーパーがなくなりかけていることに気づいたら、用を足しながらトイレットペーパーを注文しといて!といえばその日のうちにトイレットペーパーが届きます。
トイレにAmazon Echo(アマゾンエコー)を置く人は居ないかもしれませんが、Amazon Echo(アマゾンエコー)は個人の声を記憶し雑音や騒音のある場所でもしっかりと声を拾って認識してくれるようなので、狭い家であればトイレからリビングにおいてあるAmazon Echo(アマゾンエコー)まで声が届くかもしれませんね。

ハンズフリー通話が可能

すでにスマホにある機能ですが、わざわざスマホを手に取り着信履歴や電話帳から電話をかけてスピーカーボタンをタップする必要なし!
ゲームをしながら会社に電話をかけて!といえば会社にかけてくれますので仮病で休む連絡でもゲームをしている手を止める必要なしです!

メッセージの送信や読み上げ機能

うちの会社は休む時わざわざ電話しなくてもメッセージを送ればいいんだよ!という会社の方は、この機能を使ってください。
ゲームをしながら、仮病のための欠席連絡の内容を喋ればAmazon Echo(アマゾンエコー)oがメッセージを送ってくれます。

スケジュール管理やアラームの設定

今日の予定は?と聞くだけで今日の予定を教えてくれます!
もちろん声で「10月10日19時に安倍総理と会談」と予定を教えておく必要はありますが、まるで秘書がついているかのような気持ちになりますね。

質問に答えてくれる

Amazon Echo(アマゾンエコー)を購入するとまずやってみたいのは質問です。
明日の天気は?今日の為替と株の動きは?湘南の最新の波情報教えて!などなど、気になることに1秒で答えてくれます。
今後PCやスマートフォンなどで検索する人の過半数は音声検索になると言われており、手軽に知りたい情報を手に入れることができます。

音声認識について

Amazon Echo(アマゾンエコー)音声認識に力を入れており、7つのマイクを搭載し雑音や多少距離が離れていても声を識別し認識してくれます。
さらに、eamforming技術という特定の方向に対し音声を届ける技術も使われています。
筆者の住んでいるような狭い家では関係ありませんが、大豪邸に住んでいる方でも声が届くようにAmazon Echo(アマゾンエコー)は頑張って声を届けてくれます。

Amazon Echo(アマゾンエコー)まとめ

Amazon Echo(アマゾンエコー)はアマゾンプライム会員の方は使える機能が多くアマゾンをよく利用される方であればAmazon Echo(アマゾンエコー)を購入することをおすすめします。
使える機能も多く、海外でのシェアもNo.1、更にプライム会員を増やす為なのか機能の割にかなり割安な価格になっており誰でも手に入れることが可能です。
さらにAmazon Echo(アマゾンエコー)をカスタマイズする商品もアマゾンで購入することができます。

逆にアマゾンプライム会員ではない方はこの機会にアマゾンプライム会員になって見るのもありだと思います。

記載してある情報はまだ国内では未発売の為、海外での情報を元に記載しています。
ですのでまだすべての機能など紹介しきれていません。
Amazon Echo(アマゾンエコー)が発売されたら更に詳しい情報を記載していきたいと思います。