アマゾンエコーは災害情報を調べれる

災害
「今日の天気は?」と聞くと気温と天候を詳しく教えてくれるスマートスピーカー。天気情報の確認は今や多用する機能として認知されています。

では、天気情報に次いで重要な“災害情報”はスマートスピーカーでも確認できるのでしょうか?これは、地震大国の日本では欠かせない機能です。

しかし実際に筆者自身が調査したところ、残念ながら現在スマートスピーカーで災害情報を確認できるのはAmazonとLINEの音声AIを搭載した機種のみ

安定した動作と良好な音質に定評があり日本国内でシェア1位のGoogleのスマートスピーカーはこの災害情報確認機能は実装されていません(2018/4現在)

となると、警報や地震といった災害情報という面ではAmazon EchoClova Friendsが一歩リードしているといった印象を受けますね。

とまぁ話は逸れましたが、本記事ではアレクサを搭載したAmazonスマートスピーカーに関する災害情報を確認する方法について紹介していきます。

【関連記事】
【Amazon Echo】Amazonスマートスピーカーの初期設定手順・注意点など紹介



端末の住所登録設定が必須

スマートスピーカー”Amazon Echo”で地震や警報といった災害情報を確認するには、まず最初に利用するスマートスピーカー本体に現在位置を設定する必要があります。

端末とアプリを接続するだけでは天気情報は確認する事ができません。以下ではその初期設定手順を紹介します。

初期設定方法

1.アレクサアプリを開いてメニューから[設定]を選択
2.スマートスピーカーのデバイスを選択

住所登録1

3.デバイスの所在地を選択

住所登録3

4.所在地を入力

住所登録2
所在地入力が完了したら「アレクサ 今日の天気は?」と聞いてみましょう。設定した住所の天気情報を教えてくれたら、正しく設定されています。

各地の天気情報を確認する

天気情報
各地の天気情報を確認する方法は「アレクサ 兵庫県神戸市の天気を教えて」といった具合に最低でも市や群までの情報を伝えましょう。

さらに町名と番地まで細かく指定する事でより範囲の狭い地域の天気情報を確認できます。警報が発令している場合は補足情報として伝えられます。

またアレクサアプリのホーム画面では指示した地域のここ近日の天候や気温といった具体的な天気情報を教えてくれます。事細かい天気情報を確認したい場合はアレクサアプリを確認してみましょう。

各地の地震情報を確認する

地震情報
まず「アレクサ 地震情報を教えて」と伝えましょう。

その後「災害情報へようこそ」といったアナウンスを受け「地震か警報どちらにしますか?」と尋ねられます。

そこで「地震」と答えれば端末に設定した現住所の地震情報を教えてくれます。他の都道府県の地震情報の場合は「沖縄の地震」といった具合に都道府県名を指示すれば各地の地震情報を解説し、アレクサアプリにはさらに詳細が送られます。

これらが正しく動作しない場合は”スキル”から”災害情報”と検索してスキルを有効後、[設定]>[アクセス権限の管理]から[端末の国と郵便番号]を有効にしてみて下さい。

筆者の感想・まとめ

天気情報の確認は特に問題なく利用でき、さらに近日中の天候詳細をアレクサアプリに送ってくれるのはGoogle Homeと比べて便利な印象です。

ただ地震情報の確認はちょっとめんどくさい。現状は「地震情報を教えて」というと”災害情報”スキルが起動しテンポロスになる長い説明が入り、そこで「大阪の地震」と言わないと、特定の地域の地震情報を確認できないのは非常に手間かと。

最初から「大阪の地震情報を教えて」の一発で地震情報を教えてくれないと使い物にはならないですよね。正直スマホで確認した方が早いです。

【関連記事】
【2018年上半期】Amazon Echoの人気かつオススメのAlexaスキルランキング