amazon echo spotスタンド
Amazon Echo Spot(アマゾンエコースポット)とは、Amazonの独自音声AI「アレクサ」とタッチパネルディスプレイを搭載したスマートスピーカーです。

従来のAmazon Echoシリーズの機能をそのまま利用できるほか、ディスプレイから情報を確認できる点がとても魅力的。

また手動操作の幅が広がった事から、さらに操作テンポ速度が上昇し、生活を便利にするとして話題になっています。

ですが、発売されたばかりでGoogle HomeやAmazon Echoといった従来のスマートスピーカーと違う点が気になる所です。

本記事ではそんなEcho Spotが他機種との大きな違いについて紹介していきます。

【関連記事】
Amazon Echo Spotの特徴と魅力は?スマホと違う所は?【動画有】


時間を目視で確認できる

echo spot時間
スマートスピーカーで最も利用する用途として「時間の確認」は外せません。

着替えや家事など、手が塞がっている状態でも音声で時間を確認できる点はとても便利ですよね。

ですが、時に目の前にスマートスピーカー本体がある状態では、音声操作は実際の所、不向き。

従来の据え置き時計を見た方が、時間チェックがワンテンポ早くなります。

そういった局面によっての使い分けをEcho Spot(エコースポット)は柔軟に対応!

もはや部屋に時計を置く必要はなく、Echo Spotのようなディスプレイ搭載のスマートスピーカーで代用する時代もそう遠くないのかもしれません。

音楽視聴時に歌詞も確認できる

上記動画では、実際にAmazon Echo Spotで音楽配信サービスを活用して音楽を視聴している様子が確認できます。

本体のディスプレイ上では、CDやアルバムのジャケット画像が表示。

さらに曲が再生されると歌詞も表示され歌と同時に進行していきます。

これはディスプレイを搭載しているからこそ実現できるサービスで、従来のスマートスピーカーやスマホでの再生画面もこのように歌詞を表示する親切設計にはなっていません。

音楽を楽しむうえで歌詞を重視する方にとってはとても嬉しい機能。歌詞を覚えたい人にとっても便利ですよね。

料理レシピを動画で確認できる

今までのスマートスピーカーでもクックパッドや楽天レシピといったスキルを活用する事で、献立を決めたり、料理レシピをスマホに送信するなど料理サポートを行ってくれます。

ですが、実際にレシピ内容や調理の工程までは音声でナビしてくれるわけではありません。

一方でAmazon Echo Spotの場合は、台所付近に設置しておくと、ディスプレイから料理動画見ながら調理する事ができます。

また手が汚れても音声で動画のスキップが行えるので、まさに理想的なクッキングツールとして活用できるわけです。


個人的な感想

主な違いとしてはやはり、タッチ操作対応のディスプレイが搭載した事でかなり操作性の幅が広がり、情報の確認もしやすくなった印象です。

料理レシピだけでなく、様々な動画を気軽に見れるのはかなり好ポイント!

あとはYoutubeも気軽に見れるようになったらな…というのが正直な所だが、Amazonでは実現難しそうですよね…

Googleさん。ディスプレイ付きのスマートスピーカー待ってます!