「Home Pod(ホームポッド)」発売延期

Apple HomePodの性能と価格
イギリスのロイター通信によると、iPhoneでお馴染みの大手スマートテクノロジー企業「Apple(アップル)」が販売するスマートスピーカーとして注目を集めていた「Home Pod」ですが、発売日が来年初旬に延期されるとの事。

アップルは今年2017年6月にホームポッドを発表し、12月にアメリカ、イギリス、オーストラリアで出荷を開始する予定となっていました。

スマートスピーカー「Home Pod」とは?

「Home Pod(ホームポッド)」とは、アップルが開発・販売するアップルが開発した音声アシスタントプログラム「Siri」が内蔵されたスマートスピーカーです。

Siriを活用したちょっとした会話や、調べ物、「Apple Music」で音楽を聴いたり、スマート家電などの操作を音声で行えるのが「Home Pod(ホームポッド)」。大きなサイズ感と360度に渡って隙間の無い臨場感のあるサウンドを響かせる高性能なスピーカーが内蔵されているのが特徴的です。

見た目はまるでクッションで無駄な装飾は省かれモデルの全面をスピーカーにしたシンプルなデザインとなっています。
価格は349ドル(約39000円)とされ、さらにアップルブランド価値を高める製品として話題となっています。

【関連記事】
Apple HomePodの性能と価格

延期の理由は?

様々な憶測や噂が飛び交っていますが、最も有力なのが「性能の見直し」または「最終調整」という説です。

現在日本国内ではLINE「Clova WAVE」Google「Google Home」Amazon「Amazon Echo」などのメイン機種達が販売されスマートスピーカー市場はこの3機種一色となっております。そんなすでに出遅れている状況で、値段も張る上に他機種とさほど変わらないであろう性能の「Home Pod」を販売してはアップルのブランド価値を下げるだけ。そんな思惑があってクオリティUPを込めた性能の見直しが行われるのでは?という推察がされています。

過去にアップルはワイヤレスヘッドフォン「AirPods」を発表した際、世間ではすでにワイヤレスヘッドフォンが流行中ですでに出遅れているのでは?という指摘が多くありました。そんな最中でも当初予定していた「AirPods」の発売を延期し最終調整を行った例があります。そしていざ発売されると完成度の高さとiOS機器との優れた連携で大ヒットし「AirPods」は高い評価を得ました。

おそらく今回の「HomePod」発売延期はこういった過去の実績をかねた戦略かと思われます。

日本の発売日は?

今までの発表では日本国内での発売は2018年以降とされていたので、今回の「HomePod」販売延期でさらなる遅れが懸念されます。
しかし来年上旬に世界で発売とあるので、アップル信者やiPhoneシェアが多い日本という事もあって、早くても下旬には販売されるのでは?との指摘もあるようです。