Clova Home(クローバホーム)とは?

clova home
Clova HomeとはLINEの音声AI「Clova」を搭載したスマートスピーカー等の端末から、IoTサービスに対応した家電や照明などを操作できるようにしたホームサービスです。

元々、LINEのスマートスピーカー「Clova WAVE」には赤外線通信機能が備わっており、TVや照明の操作が行えておりましたが、低価格モデル”Clova Friends”では正規外線通信は未対応。今まで照明操作すらを行うことができませんでした。

ですが2018/4/9より「Clova Home」サービスを利用できるようになった事で、Clova FriendsでもIoTサービスに対応した家電操作や照明操作が行えるようになりました。

【関連記事】
意外と便利で高性能?LINEスマートスピーカー”Clova Friends”を2ヵ月使ってみた感想



Clova Homeで何ができる?

Philips Hue(フィリップスヒュー)で照明点灯

Philips Hue(フィリップスヒュー)とは、IoT機能を搭載した電球です。分かりにくい方は、ネット接続可能な電球というイメージをしてみて下さい。

よく照明器具やインテリアと勘違いする方もいますが、電球そのものを販売。お使いの照明機器やインテイリアに自由に設置する事が可能なので、汎用性がとても高い事で評価を受けています。

設定手順は、Hue専用アプリをインストールしPhilips Hueアカウントを作成。その後Clovaアプリから、右上メニューの設定ボタン>”ホームIoT設定”を選択し、Iotサービス一覧から”Philips Hue”を選択し、アカウント情報を入力し連動を行うだけ。

あとは、Clova Friendsで前もって設定しておいた照明の場所・名前で指定し「〇〇の照明をつけて/消して」と指示すれば照明のON/OFF 明るさの調整などを音声で行う事ができるようになります。

お値段は少々張りますがこれからの時代、より未来的で便利な生活を贈るには欠かせないアイテムとなっています。

感想・まとめ

まだまだ、Clova Homeと連動対応したアイテムは少ない現状ですが、LINEのスマートスピーカーも家電操作においてようやくスタートラインに立てた。といった所でしょう。

日本国内でも今後、続々とお掃除ロボットやキッチン機器などIoT対応した家電が続々と発売されるので、これをきっかけに随時連動できるアイテムが増える事に期待し気長にまちましょう!