Clovaは最新バージョンじゃないと利用できない

音声ai clova
LINE独自の音声AI「Clova(クローバ)」を搭載した、LINEのスマートスピーカー「Clova WAVE」と「Clova Friends」。

LINE通話やメッセージのやりとりができたり、邦楽の楽曲数が豊富な事で若い世代に指示を得ているスマートスピーカーです。

特に最近はClova Homeや不具合修正といったアップデート頻度も上がり、ユーザーの声にも答えてきつつあり、最新の機能を利用するために音声AI「Clova」の最新バージョンへのアップデートは欠かせません。

そもそもLINEスマートスピーカーは古いバージョンのClovaでは利用できない仕様となっているため、最新版のClovaが配信されれば、常にアップデートを強制されます。

基本的には常に電源コードを指して利用している”WAVE”なら自動的にアップデートを行ってくれますが、バッテリーを搭載した”Friends”の場合のみアップデートが行われない場合があります。

今回はそんなClova Friends(クローバフレンズ)のアップデートが行えない際の対処・改善方法を紹介します。

【関連記事】
Clova Friends(クローバフレンズ)の初期設定・デバイス追加できない不具合の対処方法を紹介



対処法1.電源コード(USB)を差し込む

主にクローバフレンズのアップデートが行われない理由として“本体バッテリーの充電不足”である事が挙げられます。

そもそもClova Friendsは本体バッテリーの充電が20%以上でないとアップデートを行わないという仕様となっています。

しかし、一度電源が切れた状態、もしくは再起動した状態だとClovaアプリ側では本来確認できる充電状況の確認が行えません。

「もう結構充電しているから20%はもう充電されているはずなんだけどなー」と思うでしょうが、実の所TYPE:CのUSBでも思っている以上に充電速度が遅いので、オレンジ色のリングライトの状態で気長に待ちましょう。

焦って、初期化や再起動を行うと余計に長引いてしまうので辛抱強く待つ事が大事です。ちなみにアップデートができない理由のほとんどがこれが原因です。筆者自身も経験しました。笑

【関連記事】
【Clova Friends】ランプの色別、動作状態示唆一覧やランプが消えない時の対処方法とは?

対処法2.ネットワーク環境整っているか確認する

本体に内蔵された音声AI「Clova」のアップデートには、Wifi環境が必須。アップデートは、ClovaアプリでWifi接続した環境にて行って下さい。

対処法3.スマスピ本体を再起動・初期化する

そもそもCLova Friendsが何かの拍子で不具合が発生している可能性があります。

主に不具合はスマスピ本体の再起動・初期化で改善されるケースがほとんどです。

対処法1、2を丸1日試してもアップデートが行われない場合に、再起動と試してみて改善されない場合は、初期化という手順で行う事をオススメします。

【関連記事】
“LINEスマートスピーカー”不具合発生時は本体初期化で改善。注意点も紹介。