echo show5
2019/5/30よりAmazonにてEcho Showの新モデル「Echo Show5」の予約販売が開始されました。「5」という商品名がついていますが、本機は上位モデルではなくEcho Showの低価格モデルとしてのリリースとなっています。

本記事ではそんな新しく発売される「Echo Show 5」が上位モデルEcho Showと何が違うのか?や変わった所など含めて特徴を紹介していきます!

【関連記事】
Amazon Echo Showで出来ることって何?特徴や魅力をご紹介


画面サイズが5.5インチに

echo show5_スクリーンサイズ
Echo Show5は上位モデル”Echo Show”よりもコンパクトな設計でデザインされたモデルです。

本体重量は410gと前モデルよりも4倍近く軽くなり、搭載されたタッチディスプレイは10.1インチから5.5インチに縮小。搭載するスピーカーも縮小することで設置場所のスペースを大幅に取ることもありません。

従来のEcho Showと同様、Prime Video、ニュース動画の視聴。そしてカメラ越しにAlexa端末とビデオ通話も可能となっています。Echo Spotと違ってタッチ操作も可能なのでコンパクトでかつ操作性の高いAlexa端末の設置に最適なモデルと言えるでしょう。

リーズナブルな価格

echo show5_価格比較
Echo Show5の価格は最安値¥9,980での発売。上位モデル「Echo Show」と比べ18,000円ほど安く購入できかなりコスパの良いモデルとなっています。

Echo Showの最大の魅力である動画の視聴も可能ですし、デジタル時計や、その他情報を確認する上では5インチあれば十分。音質も前モデルほどではないもののクリアでスマホ以上のクオリティもあれば申し分ありません。

尚発売日は、2019年6月26日となっています。

すでにAmazonで発売されている「Echo Spot」。ミニスクリーンとコンパクトなサイズ感で人気のモデルですが、今もしその「Echo Spot」のご購入を検討している方は、あと1か月待って機能も充実した”Echo Show5”を購入する方が賢い選択と言えるでしょう。

ステレオジャック搭載

ヘッドフォン
本機”Echo Show5”と上位モデルである”Echo Show”と比べると、Show5の方は価格も安い分、音質の性能やディスプレイのサイズも縮小して全体的なパフォーマンスが落ちた印象ですが、実はEcho Show5にしかない機能もあります。

それは前モデルにはなかったステレオジャックが搭載されている点です。今までのEcho Showでは音楽や動画を一人で楽しみたい場合はBluetoothイヤホンが必須。通常の有線イヤホンとの接続はできませんでした。

ですが本機Echo Show5の場合、ステレオジャックに対応したイヤホンやヘッドフォンであれば有線接続も可能。もちろんイヤホンではなく他のステレオスピーカーとの接続も可能なので、本機の音質に物足りなさを感じる方は別途外部スピーカーを利用するという選択肢も用意されています。

Echo Show5でできること

echoshow5

Echo Show5は、前モデルEcho Showで利用できたサービスの全ての機能をそのまま利用可能。

Amazon Musicで音楽を聴くのもよし、Amazon Primeで映画やドラマ、アニメを見るのもよし。Amazonショッピングも5インチのタッチディスプレイから気軽に行えます。

もちろんブラウザを起動して、手動によるネット検索やYoutubeの視聴も可能。最新ニュースも動画が伝えてくれます。

このように従来のAmazonのスマートディスプレイと同様機能を利用できるうえに1万円以下で購入できるのでかなりコスパの良いモデルと言えます。

音質にはこだわらず、コンパクトでかつ低価格でスマートディスプレイを購入したいという方にはEcho Show5がオススメです!

【関連記事】
【どれがいい?】愛用歴2年の筆者がオススメするスマスピランキング