AlexaのカメラをOFF
音楽の再生や時間の確認、ニュースチェックなどなど様々なコンテンツを音声操作で行うことができるスマートスピーカー。最近ではディスプレイやカメラを搭載することで写真をとったりはもちろん画面で情報が確認できたりとより便利になったモデルも登場しています。

特にAmazon Echo Showに搭載された10インチのディスプレイはタッチパネルとして機能し、タブレットような感覚で幅広い手動操作が可能になった点はとても魅力的に感じます。


amazon echo show



しかしそんな便利なスマートスピーカーにも懸念される要素があります。これは普段から我々が利用するスマホに関しても同様に言えることですが、外部からの不正アクセスによる個人情報の流出などです。

特にたびたび海外では勝手にしゃべり始めたり、夫婦との会話がメールとして流出したりといった事案も発生。Alexaの開発サイドが「サービス品質の向上と謳い、盗聴している」などといった噂も絶えません。

そういった懸念要素がある中、特に”カメラ”を搭載したスマートスピーカーに関してはプライバシー制御を使用者自ら行っていく必要性も否めません。

というわけで本記事では、音声AI「Alexa」を搭載しカメラがついているEcho SpotやEcho ShowのカメラをOFFにする方法を紹介します。

【関連記事】
【Alexa盗聴問題】開発目的の録音を止める設定方法・デメリットなど


音声操作でカメラを無効にする

最も手早い方法は、実際に本機に話しかけてオフにする方法です。「アレクサ カメラを切って」と指示すると、Echo SpotやEcho Showどちらの機種もAlexaがカメラを切ってくれます。

この状態で「写真を撮って」などと指示すると「現在カメラはOFFになっています」とのアナウンスがされるので、きちんとカメラが無効になっている事がお分かりいただけるかと思います。

また逆にカメラの有効したい場合は「アレクサ カメラをオンにして」といったように指示すれば大丈夫です。

手動操作でカメラをOFFにする

音声操作以外にもカメラをOFFにすることができますが、それぞれ方法が異なり、Alexaアプリでは行うことはできないので注意しましょう。

Echo Showエコーショーの場合

Echo Showの場合は本体ディスプレイの上部から下へスワップさせます。すると上部にメニューバーが表れるので右端にある歯車の設定ボタンをタップ。

そこから「デバイスオプション」→「カメラ」でON/OFFが可能となります。

Echo Spotエコースポットの場合

Echo Spotの場合は、本体の上部にある音量ボタンに挟まれて真ん中に設置してあるボタンでカメラのON/OFFが可能です。

カメラOFFで呼びかけるとどうなる?

呼びかけ
ちなみに、カメラ機能が無効になっている状態で、Alexaの「呼びかけ機能」を使うとどうなるのでしょうか?

本来であれば映像と共に音声情報が開いてのスマホに表示される形となりますが、カメラがOFFになっている状態では相手に伝わるのは音声のみ。この事から第三者からう不正アクセスを受けても、カメラさえ無効にしておけば部屋の様子を見られることはないので安心です。

余談ですが、もしAlexaアプリからでもカメラの有効化が出来てしまえば、外部からでも簡単に他人が所有するAlexa端末カメラを操作できてしまうので「AlexaアプリからカメラのON/OFFができない」という仕様はセキュリティ面を考慮した設計になっているなと感じました。