Googleのリマインダーとは?

google リマインダー
リマインダーとは、Googleカレンダーに備わっている機能の一つです。

場所やメモなど具体的に情報を記述できる通常の予定追加とは違い、カレンダーに付箋を貼るような感覚で使用するマーキングのような機能です。

また指定した時間になると通常の予定管理と同様、スマホ等に通知が送られてきますが、リマインダー機能の場合は通知内容を「完了」としない限り通知し続けるという特徴的があります。

本記事では、そんなリマインダーを使ったスケジュール管理や、その使い方等を紹介していきます。

【関連記事】
【Google Home】Googleカレンダーに予定・スケジュールの音声登録が可能に!設定と利用方法を紹介。


リマインダーはこんな時に便利!!

作業スケジュール 家事
リマインダーは、1度設定すると「完了」または「削除」指示を行わない限り毎日通知を行うという仕様です。そのため予定管理というよりは作業スケジュールとしてや、必ずやらなければならない作業を管理する事に向いています。

具体的な仕事や家事の作業ルーチン、トレーニングの工程のスケジューリングにオススメです。

例えば、家事の場合では
「10時に洗い物、11時に洗濯、12時にお風呂掃除、13時に昼食、14時に犬の散歩」

テスト勉強だと
「21時から歴史、20時半から数学、22時に休憩、22時半から物理」
といった具合に設定すると、時間毎に通知が送られ”やることリスト”のように利用できます。

そして目的の作業が完了すれば、スマホ通知もしくはスマートスピーカーから”完了”という意味で”削除”を指示しましょう。

リマインダーの使い方

以下ではGoogleアシスタントを搭載したスマートスピーカーにおけるリマインダーの音声操作方法を紹介していきます。

リマインダーを追加・登録する

リマインダーの追加・登録は「OK Google リマインダー」と指示するだけ。

あとは内容と時間を尋ねられるので答えていけば、設定されます。

また「4月6日10時にお花見 リマインダー」といった具合に1度の指示でまとめて追加する事もできます。

リマインダーの確認

登録・追加した、リマインダーはスマートスピーカー上から音声にて確認する事ができます。

「リマインダー確認」「今日のリマインダーは?」と指示すれば今日のリマインダー情報をアナウンス。

他にも「今月のリマインダーは?」「5月のリマインダー確認」と聞くと月ごとのリマインダー情報をリストでアナウンスしてくれます。

リマインダーを削除

「OK Google リマインダー削除」と伝えると、今月に作成されたリマインダーの削除を行います。

複数ある場合はリマインダーの内容で指定する事ができないので、日付・時間で指示するようにしましょう。

1個しかない場合は、有無を無しに自動的に削除されます。

場所のリマインダーはできない

現在、Googleのリマインダー機能によるスケジュール管理では、場所の情報は設定できません。

例として「リマインダー」と指示し、内容の次に時間を伝える際、あえて場所名を伝えると

「現在はまだ場所の設定には対応しておりません」とアナウンスされ、リマインダー情報に「どこで?」という場所情報の設定は未だ実装されていないようです。

しかし、きちんと対応していないという回答があるという事は今後の実装に期待できそうな予感。現状で、場所も登録したい場合は、

「OK Google 4月2日 20時に大阪城で夜桜を撮影」といったように内容の部分に場所を付け足してリマインダー登録する事をオススメ致します。

リマインダー対応機種・モデル

このGoogleカレンダーのリマインダー機能を使えるスマートスピーカーは以下のGoogleアシスタント搭載モデルで利用する事ができます。