東芝のテレビ 4Kレグザがグーグルホームと連動!

regzaとGoogle Home
4Kテレビの中でも最も人気でシャア率もトップのREGZAがついにGoogleアシスタント搭載のスマートスピーカー「Google Home」と連動が開始されました。

スマートスピーカーを用いた従来のテレビ操作では、Chromecastを別途購入しTVとリンクさせる必要がありましたが、そういった外部機器にも頼らずにしかも手軽な設定で4K REGZAのチャンネルの切り替え、音量の調整といった操作を音声で行えるわけです。

本記事では、そんなGoogle HomeとREGZAとの初期設定や、音声操作方法を紹介していきます。



初期設定方法

まず、東芝レグザをネットワーク接続を行って下さい。その後お使いのリモコンの[みるコレ]ボタンを押しましょう。
東芝レグザ設定1

次に”みるコレ”ホーム画面の下部メニューから[クラウド設定]を選択。
東芝レグザ設定2

その後、[スマートスピーカー連携設定]>[スマートスピーカー連携]を選択すると連携コードが表示されます。
この連携コードを用いてスマートスピーカーGoogle Homeとの連携を行っていきます。
東芝レグザ設定3

次に、スマホから「Google Home」アプリを起動します。左上メニューを開き[できること]を選択。その後、画面上部の検索フォームから”レグザ”と検索を行って下さい。

東芝レグザ設定4

その後、レグザのボイスアプリが一覧に表示されたら選択し、説明画面中央の[リンク]をタップしましょう。

すると、連携コードの入力を求められますので、先ほどレグザのTV画面で表示されたコードを入力してください。
東芝レグザ設定5

これで初期設定は完了です。「OK, Google レグザを使って」と話しかけて応答があるか確認してみましょう。

音声操作方法

動作・リクエスト 音声操作コマンド
チャンネル切り替え 「チャンネルを変えて」
「5チャンネルにして」
「BSの3ちゃんねるにして」
放送種別変更 「BSに切り替えて」
「地デジに切り替えて」
入力切替 「HDMI 3にして」
「入力切替して」
音量調整 「ボリュームアップして」
「ボリュームを15にして」
「ボリュームを4下げて」
消音・ミュート 「音消して/ミュートにして」
「ミュート解除」
字幕切り替え 「字幕を消して/表示して」
音声切り替え 「音声を切り替えて」
音声切り替え 「音声を切り替えて」
早送り/巻き戻し 「初めにジャンプして」
「スキップして」
電源 「テレビ消して/点けて」

対応機種・モデル

2017年以降に発売された。4K REGZA 。

  • X910
  • Z810X
  • BZ710X
  • M510X
  • C310X

など。

利用できる時期は、3月26日(月)から配信のソフトウェアアップデートを行ってからになります。

また、スマートスピーカーはGoogle Home以外にもGoogleアシスタントを搭載した以下のモデルであれば利用可能です。

感想・まとめ

職場にREGZAがあるので、実際に使ってみましたがかなり使えそう!音声でチャンネル操作ができるのはかなり便利な印象でした!

特に外部機器Chromecastを購入する必要がないのは魅力的♪部屋を出る時に、テレビの消し忘れをした時は出口または玄関先で「OK Google テレビを消して」と言えば電源を消してくれてかなり重宝できそうな機能です。

スマートスピーカーのどの機種を購入しようか考えている方で、自宅のテレビがREGZAの方は是非Google Homeにしてみてはいかがでしょうか?かなりオススメです!

google-home

【関連記事】
自宅をIOT化するならTEPCOスマートホームが断然お得!Google Home Miniが無料で貰える!