GoogleHome
スマートスピーカーといえば、手を使わなくとも音声操作で音楽視聴や、調べもの、スケジュール管理、ボイスゲーム、家電操作などといった様々な機能が備わっているとして注目されているスマート家電です。

その中でもGoogle Home(グーグルホーム)は、YoutubeやGoogleフォトといったGoogle関連サービスとの連動や深みのある低音、そして安定した動作が魅力的な機種の一つ。

特に音楽視聴に関しては自分が所有する楽曲もアップロードできるので、自分好みにカスタマイズできる点は他の機種と比べ魅力的だといえます。

そんな魅力的な話を聴いてGoogle Homeを購入してみると「あれ…これをやるにはさらにお金がかかるの?」なんて事があります。

本記事ではそんなGoogle Homeにおける追加料金の発生する機能や実際にかかる費用について紹介していきます。

ネットワーク(Wifi)環境は必須

wifi
スマートスピーカーは、ネットワーク環境を介して様々なサービスと連動する事で音声操作によるアクションを実現しています。

そのためWifi環境がない場合は、初期設定の手順でWifi接続が行えないためスマートスピーカーは全く活用できません。

これはGoogle Homeに限った事ではなく全ての機種に該当する事。

普段からネットワーク環境が自宅に整っている場合は問題ありませんが、もしネットワーク環境がない場合は月額で契約を行いWifi環境を整える必要があります。

相場はだいたい初期費用はタダの所もありますが、月額だと3000~5000円かかる見込みでしょう。

音楽の視聴は無料…ただし

GooglePlayMusic
Google Homeで音楽を視聴するにはGoogle Play Musicといった音楽配信サービスに登録する必要があり、そのアカウントと連動する事で音楽視聴を実現しています。

つまり自由に聴きたい曲を聴くには音楽配信サービスで月額登録を行う必要があるという事。

かかる料金はだいたい月額1000円ほど。他の機種もだいたいそれぐらいです。

もし無料で利用したいという人は、Google Play Musicに自分が持っている音楽ファイルをPCからアップロードする方法を利用する事をオススメします。

尚、アップロード機能はGoogle Play Musicにしか備わっていません。

【関連記事】
Google Homeの購入参考に!無料で利用できる”Google Play Music”の魅力とその方法を紹介!

Youtube再生にはChrome Castが必要

クロームキャスト
Google Homeの目玉機能といえば、TVでのYoutubeの動画再生ですとね。

Google Homeを購入したらすぐにでも利用したい機能の1つです。

しかし残念ながらTVでのYoutube再生は、Google Home単体で行う事ができず別途ChromeCast(クロームキャスト)を購入しTVに接続する必要があります。

ChromeCastを用意するには約4000円弱ほど追加費用がかかるので事前に頭入れておきましょう。

尚、ChromeCastとGoogle Homeがセットになっているものだとかなりお得に購入できるのでオススメです。

家電操作にはスマートリモコンが必要

スマートスピーカーと聞くと家電操作が音声で気軽に出来る!!!なんていう印象が強い方もいると思います。

しかし、これもスマートリモコンと呼ばれる、Google Homeと家電を繋いでくれる外部機器を別途購入する必要があります。

また価格に関しては¥7,000~¥10,000と結構な値段設定となっているのでさらなる費用がかかってきます。

さらにスマートリモコン無しでも操作できるスマート照明(電球)についても別途購入する必要があります。

Philips Hue(ヒュー)に関しては電球1個で¥3,000と地味に良い値段がするので、自宅をスマートホーム化し音声で家電操作を行う環境にするにはそれなりの費用を覚悟しておくべきでしょう。

【関連記事】
家電操作にオススメのスマートリモコンは?「Nature Remo」「eRemote」など特徴・比較まとめ

感想・まとめ

いかがでしたでしょうか?Google Homeで快適なスマートホームを体感するには結構費用がかかる事がお分かり頂けたかと思います。

ちなみに私個人としては実際にGoogle Homeを利用している身としては正直な所、家電操作は確かに便利ですがあってもなくても良いという印象。

しかし、月額¥1,000払って自由に音楽視聴ができるGoogle Play Musicがない生活には戻れないといった感じ。

もちろん音楽を聴かない人も世の中いらっしゃいますので、重要視する点は人それぞれですが、スマートスピーカーに関しては音楽配信サービスさえあれば充分かなと感じます。