ベストティーチャーとは?

ベストティーチャーロゴ
ベストティーチャーとは、株式会社ベストティーチャーが運営するオンラインにて書いた英文の添削と録音と会話レッスンを受けられる英会話スクールです。通常の特定の場所へ通う英会スクールとは違い、無料通話ソフトSkype(スカイプ)を利用する事で自宅でも会話レッスンを受ける事ができて、読み書きもきっちり学習できるのも特徴的です。

そんな「ベストティーチャー」ですが、スマートスピーカー「Google Home」へ参入した事で英会話レッスンを無料で体験する事ができるようになったようです。本記事ではGoogleHome(グーグルホーム)を利用した英会話レッスンの利用方法や感想などを紹介します。

【公式HP】
SpeakingとWritingが両方できる唯一のオンライン英会話スクール
「ベストティーチャー(Best Teacher)」

何を学べる?

現状、GoogleHome(グーグルホーム)の英会話サービス「ベストティーチャー」で体験できるレッスンは「聞き取り」の部分に特化された内容となっています。今まで数々の英語レッスンを提供してきた「ベストティーチャー」ならではのリスニングドリル100選を体験する事ができ、英語の聞き取り能力を高める事が出来ます。

レッスンの流れとしてはスマートスピーカーから聞こえてくる英語の会話を聞き取りその後、会話文の理解度を確かめる質問を投げかけられ、その問いに4択の回答が提示されます。自分が正解だと思う番号をスマートスピーカーに伝える流れです。質問は全部で3問。4択の内容は全て英語なので難易度は少し高めとなっています。

利用方法

  1. GoogleHomeに「OK Google ベストティーチャー」と命令
  2. 「ベストティーチャー」が起動してアナウンスの声が変わり、サービスの流れを説明してくれます。

  3. 男性2人の英語での会話が流れる
  4. ここでの会話内容を理解しているかどうかの問題が出題されます。

  5. 会話文に対しての問いを聞かれる
  6. ①での会話文を理解してくるかどうかの質問を投げかけられます。
    聴き逃した場合は「もう一回」と伝えましょう。

  7. 1~4までの4択回答を提示
  8. 「1.◯◯◯◯」「2.◯◯◯◯◯」といったように4つの答えを用意してくれます。
    答えは全て英文なので要注意です。聴き逃した場合は「もう一回」と伝えましょう。

  9. 正解だと思う番号を答える
  10. 番号を答えた後は番号が正解かどうかを答えてくれます。
    問いは全部で3問。全ての問いに答えるまでは③からの手順を繰り返します。

  11. 次の会話(問題)に進むか、終了するかをスピーカーに話しかける
  12. 全ての問いに答えた後、次の問題へ進みたいなら「次へ」を。
    終了したいなら「終了」と伝えましょう。



Googleアシスタントを活用する

ちなみにGoogleHomeに内蔵されている音声AI「Googleアシスタント」自体にも、翻訳機能や英語訳機能が用意されています。

例えば英語の単語を調べたければ「OK Google りんご 英語で」と言えば「Apple」逆に日本語訳を調べたければ「OK Google Apple 日本語で」と伝えれば「りんご」と教えてくれます。

これらを利用する事で英単語を学ぶ事ができるので「ベストティーチャー」と合わせて利用する事である程度の英語力は身につくかもしれません。

感想

実際に「ベストティーチャー」を利用してみた感想は、正直な所上級者向けといった印象を受けました。
すでに英語の文法や読み書きはマスターしたけど、聞き取りだけが苦手。そんな方に適したサービスだと思います。

逆に言えば英語の単語や、文法を学びたい。そんな英会話初心者の方には難易度が高いかと思います。
しかしあくまで2017/11/14現在の機能なので将来的にはアップデートを重ねさらに充実したサービスを体験できるようになるかもしれません。

家で英会話レッスンを行おうと思えば、パソコンを立ち上げたりの手動操作は必須でしたよね。
でもこれからはスマートスピーカーで英会話リスニングが可能となった事で生活の流れ作業でレッスンを受ける事ができます。
そのため長く続かない英会話レッスンも習慣づきやすくなるのでは?と思いました。

このスマートスピーカーを利用した英会話レッスンをマスターしさらに次なる高みを目指すのであれば、本格的な「ベストティーチャー」のオンライン英会話を体験するのも良いかもしれません。