スマートスピーカー「JBL LINK 10」とは?

“JBL LINK 10”とは 大手音響機器メーカー「JBL」が販売するスマートスピーカーです。

「JBL」は主にコンサートホールや、映画館などの施設や業務用スピーカーの開発に長けており、迫力や臨場感溢れる音質を得意とする企業です。

そんな技術をコンパクトなモデルに凝縮、安定した動作に期待できる音声AI「Googleアシスタント」を導入したのが「JBL LINK」というモデルです。

また本機種における、最大の魅力は「バッテリー内蔵」という点。

これにより気軽に持ち運びや部屋間の移動、アウトドアでの利用を実現し、アクティブにスマートスピーカーを活用する事ができます。

“JBL LINK 10″は他にも防水加工や、広がりのある優しいクリアな音質が特徴的。Google Homeと同じ価格帯であるにも関わらず、利用できるサービス、内蔵スピーカー共に性能価値は同等で、とても機能的です。

そんな”JBL LINK 10″について、本記事では実際に購入した方の使用レビューや感想、口コミを紹介していきます。

【詳細はコチラ】
持ち運びに便利なスマートスピーカー「JBL LINK」の魅力と特徴は?



購入者のレビュー・感想

お風呂で大活躍

user

購入した動機は、防水、バッテリー搭載、google home機能搭載(googleアシスタント)でしょう。google home無印からの買い替え。欠点はマイク認識能力が無印より少し弱いかなくらい。無印の方がマイク性能が極端に良いだけですけども。想像してたよりも極端な差はないのでご安心を。利点は、防水IPX7なのでお風呂で使っても問題なしです。バッテリー搭載なので、持ち運び自由。無印と比べて音量調整が細かく、小さい音量でも楽しめます。
音楽鑑賞にお勧めできる高音質スマートスピーカー!

user

音質は、Spotify (WiFi接続)で確認しました。
「Google Home」に比べるとパワフルで、特に低域の余裕が良いですね。低く深く鳴りが良く、バランスの良い音調で、リラックスして音楽を楽しめます。
音楽を聴くスピーカーとして利用するなら、本機は良い選択に思います。
Google Homeよりオススメ!

user

LINK20と同様、バッテリー内蔵で持ち運びし易いのは良いですね。(AI/スマートスピーカーでバッテリー非搭載の製品は、コンセントの抜き挿しをすると、音が途切れるだけでなく、再起動に時間が掛かりますので)
総じて、「Googleアシスタント」対応スピーカーとしては、優れた音質とコンパクトさを両立し、音楽鑑賞用途にお薦めできる好製品です。
大人の音がします。

user

お風呂で聞く目的で買いました。CLIP+を使っていましたが物足らなくなりこれにしました。やっぱり音は全然いいです。SONYのブルーツゥーススピーカーもありますが、それに比べるとなんか大人の音がします。毎日お風呂で使うので防水とはいえ湯気でどっか悪くなるかもしれませんが使い倒そうと思っています。3年持ってくれるかな。
持ち歩くには少し重いです。
聞き取りが弱い?

user

LINK10と20どちらにしようか迷いましたが、15畳程度のリビングでもLINK10で十分な音量でした。防水にするためか、マイクの感度がいまいちで、わりとはっきりとOK google(もしくはHey google)と発生しないと反応してくれません。音質にはそれほどこだわりがない身としては、十分な音質です。 
持ち歩けるのは思った以上に便利

user

お風呂を含め家の中を持ち歩きながら、主にspotifyから音楽を聴くのに使っています。音もいいし、バッテリーの持ちも満足です。
強いて言えば、電源を入れてから使えるようになるまでもう少し速くなると言うことなしです。 
さすがのJBLサウンドで、出力も大きい。

user

音質もよい。ボリュームを上げると相当に大出力で、音の広がりもしっかりしている。バッテリ駆動時でも大音量が出せる。Google Homeはかなり低域寄りだったが、LINK 20はやや低域は強めながらも、ボーカルを際立たせながら、音が広がり、高域の情報量もしっかりしている。
ステレオ感がある

user

360度スピーカーなので、ステレオ感はそれほど期待していなかったのだが、結構ステレオ感があるのも印象的。コーネリアスの「Fit Song」を聞くと、明らかに左右から音がセパレートして聞こえる。Google Homeをはじめ、多くの360度スピーカーは、ステレオ音源をモノミックスした後、360度に音を拡散しているのだが、JBL LINK 20では、よりステレオっぽく聞こえる。


高性能版”JBL LINK 20″

JBL LINKには”10″よりも高性能版モデル「JBL LINK 20」も用意されています。

価格は¥19,980と少し値は張りますが、積まれたスピーカーの性能は圧倒的。ボーカルや高音域の音の広がりや、低音もしっかりと効いた音質が特徴的です。

バッテリー駆動時間も”LINK 10″の5時間に対し、”LINK 20″は2倍の10時間と、バッテリーの持ち時間にも大きく差があります。

予算に余裕がある方は、”JBL LINK 20″も是非検討してみてはいかがでしょうか?

【楽天市場】”JBL LINK 20″ 価格19,518円

個人的な感想

かなりコスパが良い

同じ音声AIが採用されている”Google Home”の定価は¥15,120。

それに比べ”JBL LINK 10″の定価は¥14,980円です。

低音によっぽどこだわりたいのであれば、Google Homeにすれば良いとは思うけど、”JBL LINK 10″でも充分な音質に期待できるので…。。

ほぼ同じ値段だったら防水加工とバッテリー内蔵のJBL LINK 10を購入した方がお得感がありますよね。

ただレビューにもある通り実際体験してみると、マイクの性能はGoogle Homeの方がよさげです。

デザインが微妙?

google home_jbl link 10
個人的には、デザインがちょっとダサイかなーと。笑

インテリアとか部屋の雰囲気重視だと、シンプルだけどスタイリッシュなデザインのGoogle Homeの方が魅力的に感じます。

黒ならまだありかな。笑
JBL LINK 10

【関連記事】
『GoogleHome(グーグルホーム)』は何ができる?特徴や評価まとめ
グーグルホーム(GoogleHome)の使い方・裏技ガイド