スマスピとスマホの違いは?

スマホ
世間にそこそこ浸透してきたスマートスピーカーですが、友人や知人によくこう聞かれます。

「スマートスピーカーってスマホとどう違うの?」と。

確かにスマートスピーカーに内蔵されたGoogleアシスタントやSiriなどの音声AIはスマートフォンにも導入されており、スマートスピーカーで出来る事はスマートフォンでもそれなりにできてしまうのも事実です。

では、実際にスマートスピーカーのどういった部分が評価されて、どこに違いがあるのか?本記事ではそんな疑問をまとめ、できる事や購入のメリットを紹介していきます!


スマートスピーカーの便利な点・メリット

完全ハンズフリー

ハンズフリー
スマートスピーカーはスマートフォンと違い、全ての操作を音声で完結させる事ができます。

ちなみにスマートフォンにも”Googleアシスタント””Siri”などといった音声AIは内蔵されていますよね。スマホでも同様に声である程度の操作が行えますが、ほとんどの機種が一度スマートフォンのロックを手動で解除する必要があります。

それに比べ、スマートスピーカーは音楽、動画の再生や調べものなど様々なサービスを本体へ触れる事なく完全ハンズフリーで利用する事ができます。

特に、朝の目覚ましや料理、車の運転中といった手を使う事が困難・面倒な際にスマートスピーカーは大活躍。もちろん声だけではなく音量の変更や停止・再生など最低限の機能は手動でも行えるよう設計されているので臨機応変に使用できます。

臨場感ある音質

スマートスピーカーとスマートフォンの最大の違いは、圧倒的な音質の差にあります。

両機器共に、音楽配信サービスとの連動や保存してある曲を流すなどして音楽を聴く事ができますが、スマートスピーカーの音質はスマートフォンと比べものにならないほど高音質。さらには音量範囲も広くて、臨場感と奥行きのある音楽を部屋の隅々まで響かせる事ができます。

例えば”Google Home”の場合だと圧倒的な低音波長が特徴的で、空間全体の揺れを感じるほど低音が強調された立体感ある音を体感できます。そこまでの表現はスマートフォンには到底無理です。

また、スマートスピーカーのに内蔵されているスピーカーはメーカーやモデル毎に異なり、それぞれ特徴があります。自分好みの音質でスマートスピーカーの機種を選ぶのもまた一興です。

【関連記事】
「Spotify」無料プランはスマートスピーカーでどこまで利用できる?特徴やメリット、制限を紹介。
GoogleHomeで音楽を聴く時に便利な音声操作方法

音声で家電を操作

Nature Remo赤外線通信
スマートスピーカーとスマートフォン共に「Nature Remo」などのスマートリモコンと連動する事で遠隔で赤外線対応家電を操作する事ができます。

スマートフォンだと、専用アプリから端末自身をリモコンに見立てて利用可能で主に手動操作。

一方、スマートスピーカーの場合は音声で家電を操作する事ができます(設定は手動)

「TVの電源を消して」「エアコンを点けて」といったアバウトな事以外にも「6チャンネルに変えて」や「温度を24度に設定して」といった具合に細かい音声操作を行う事も可能です。

また、スマートフォンでは操作できないスマートスピーカー専用で連動するアイテムなどもあり、特に照明機器関連は音声でのON OFF操作はとても便利で重宝する機能です。まさに音声で様々なアクションが起こせる未来の家を実現できるわけです。

【関連記事】
GoogleHome(グーグルホーム)と連動できる家電とインテリア一覧まとめ

インテリアとして一面も


いつも「スマートスピーカーはただのスピーカーと違う!」と熱弁する時に必ず相手へ伝える事があります。

それは“デザインがお洒落”だという点です。

今日本国内で発売されているスマートスピーカーは約10機種ほどで、様々なメーカーが独自のモデルデザインで販売しています。

Google Home“や”HomePod“などのシンプルなデザインから。従来の機械的なスピーカーデザインが印象的な”Amazon Echo“や”P3“。ポップで可愛いデザインが特徴的な”Clova Friends“など、、

他にも様々な個性的なフォルムのものまで、幅広く用意されています。スマートスピーカーをただのスピーカーとして設置するだけではなく、インテリア要素も踏まえて部屋のコーディネートに合わせて機種を選べるのも魅力の1つです。

【関連記事】
デザインで選ぶならどれがオススメ?他社スマートスピーカー、デザイン比較【

スマートフォンの方が便利な点

スマホ一覧

持ち運び

スマートスピーカーは外で利用する際にはちょっと大きすぎますし、Simカードは非内蔵なのでネット環境がないとほぼ使い物になりません。

また、バッテリー内蔵のタイプも用意されていますが、ほとんどがACアダプタを電源元で主に室内での利用をメインに設計されています。

野外や電車など公共の場では圧倒的にスマートフォンでの利用が便利です。

【関連記事】
持ち運びに便利なスマートスピーカー「JBL LINK」の魅力と特徴は?

検索機能

スマートスピーカーでは音声による検索が可能となっています。

例えば「コーラって何?」「近くのラーメン屋さんは?」といった具合に音声で指示しても基本的に大まかな情報しか教えてくれません。

本来であれば、特定の地名周辺のラーメン屋さんを一覧で紹介してくれて、どこが一番おいしい、評価が高いのかを教えて欲しいところ。しかし、音声ナビではまだそこまでの融通はきかないようです。

きちんと詳細まで調べたい場合は、スマートフォンのブラウザもしくは専用アプリで調べる方が効率的だと思います。

ゲーム・カメラなど

現状、日本で発売されているスマートスピーカーは基本的にディスプレイ画面やカメラなどは搭載されていません(今後カメラ付、ディスプレイ付モデルも発売予定とのこと)。

しいて言えばボイスゲームと呼ばれる、音声で遊ぶゲームがそこそこ用意されている程度。主に子供が喜びそうなゲームが多い印象です。

しかし、操作性が重要であるゲームに関してはスマートフォンが断トツです。それなりに楽しむ事はできるものも現状用意されていますし、今後続々と新ゲームが導入されるとは思いますが、スマートフォンには一生勝てない要素だと思います。

【関連記事】
子供が喜ぶ!GoogleHome(グーグルホーム)で遊べるゲーム&サービス一覧まとめ

感想・まとめ

いかがでしたでしょうか?同じ疑問の持つ方の回答になったかどうかはわかりませんが、実際にスマートスピーカーを発売直後から利用している身として簡単にまとめさせて頂きました。

もし「スマートスピーカーとスマートフォンどっちが便利?」という質問を受けたとすれば「スマートフォンです」と間違いなく答えるのが現状といった感じです。笑

ですが、スマートスピーカーでしかできない事があるのも事実で、実際に家に届いてからはきちんと活用していますし買った事は後悔していません。むしろ買って良かったと思うほど便利だと思っています。

確かにスマートフォンでほとんどの事が出来てしまうので、スマートスピーカーは必要ないと考える方も多いようですが、同時使いで作業テンポも上がって、より効率的で便利な生活を贈れるのは間違いありません!

まだできる事が少ないスマートスピーカーですが、今後できる事や機能もアップデートを経て増えてきますので今買っても損ではありません。是非、本記事を参考にスマートスピーカーの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

【関連記事】
【2018年最新版】オススメのスマートスピーカーはどれ?機種別の魅力や特徴を紹介。