スマートスピーカーは水回りでも活躍する

防水 jbllink
音声で音楽視聴や調べ事、スマート家電など様々なサービスと連動し操作を行える事が魅力なスマートスピーカーですが、その使いどころはお風呂や料理といった水回りにも適しています。

風呂場では入浴剤や石鹸、料理場では食材で手が汚れているといった状況ではスマホを触りにくい事が多々あります。そんな環境こそハンズフリー操作が行えるスマートスピーカーの持ち味を生きるというわけです。

しかし、スマートスピーカーの中でも水回りで問題なく使用できる”防水加工”が施された機種は多くありません。バッテリー搭載で持ち運びに便利だと定評のあるLINEのClova Frindsでさえも防水性能はありません。

本記事ではそんな台所やお風呂場でも利用できる防水加工の機種を紹介していきます。

SONY「LF-S50G」

ソニーのスマートスピーカー「LF-S50G」の性能と価格は?何ができるの?
「LF-S50G」はGoogleの音声AI「Googleアシスタント」を搭載したソニーのスマートスピーカーです。

最も有名な”Google Home“や”Amazon Echo“の上位スペックにあたり価格は1万円ほど張りますが、スピーカーとマイクの性能はピカイチです!

特にスピーカーは2段構造となっており、ボーカルと演奏に臨場感を持たせるほど。そして力強い低音と音のボリュームも特徴的です。

そして他機種との最大の違いはジェスチャーコントロールシステムの搭載です。ジェスチャーコントロールとは、本体へ触れなくても、手を近づけてジェスチャーするだけで音楽の停止/再生、音量調整。マイクのON/OFFといった手動操作を行える機能です。

本体が近くにあると音声よりも手動操作の方が早い!と思って触ろうとしても、手が汚れていると抵抗がありますよね。そんな時にとても便利な仕様となっています。

金銭的に余裕があるのであれば”Google Home”よりもSONY「LF-S50G」の購入をオススメするほど充実した機能とスペックです。

しかし防水機能が付いているのにも関わらずバッテリーは非搭載なため、電源はコンセントから確保しなければなりません。そのため電源が確保しにくいお風呂場よりは台所での使用に向いた機種といえるでしょう。

【関連記事】
SONY「LF-S50G」の特徴、魅力は?レビュー、口コミなど評価まとめ。

JBL LINK 10/20

”JBL LINK 10/20”とは、世界的に有名な音響機器メーカーJBLが販売するスマートスピーカーで、Googleアシスタントを搭載するモデルの中では唯一バッテリーを搭載した機種でもあります。

”JBL LINK 10/20”は2タイプの性能で販売されており”10”よりも”JBL LINK 20”の方が音質、マイク、バッテリー性能が優秀でハイスペックな設計に。

一方、下位モデルの”JBL LINK 10””20”よりも性能面では劣るもののコンパクトで低価格である事が特徴的です。

もちろん”10″と”20″、両機種共に防水加工がされているため、安心に水回りで利用できます。また先ほど紹介したソニーの「LF-S50G」と違いバッテリーを搭載しているので完全コードレス端末となっています。そのため、お風呂場での持ち込みが容易で気軽に音楽やGoogleアシスタントを通してのサービスを体感する事ができます。

また価格は楽天市場だと上位モデル”LINK 20″が19,518円。“LINK 10″は14,609円とGoogle Homeと同価格帯で音質もほぼ同一となっています。

”防水加工”かつ”バッテリー搭載””リーズナブルな値段設定”な機種は”JBL LINK 10/20”だけなので非常にオススメです。(2018/5/15現在)

【関連記事】
持ち運びに便利なスマートスピーカー「JBL LINK」の魅力と特徴は?
スマートスピーカー「JBL LINK10」がオススメ!Google Homeより機能的でコスパ良し【評価・感想まとめ】

筆者の感想まとめ

個人的には、”JBL LINK 20″が結構オススメ☆バッテリー搭載で持ち運びもしやすいのは魅力的だし、スピーカー性能もGoogle Homeよりも上です。

かといって価格もGoogle Homeと5000円前後しか変わりませんので、少し奮発してみるのも良いかもしれません。

ただ防水加工がされている分、マイクの聞き取りが弱いという評価も多少みられるのでそういった部分も把握した上で検討してみてはいかがでしょうか?