noid

noid(ノイド)とは、「まるでノートに書きだすように」をコンセプトにプログラミング知識がなくても簡単にスマートスピーカーのスキル(ボイスアプリ)を開発できるWebサービスです。

すでに「Storyline」と呼ばれるプログラミングの専門知識がなくてもAlexaスキルが作れる開発ツールは存在しますが、表記が英語であるため日本語に対応したサービスはnoidが国内初となります。

スキルといえば、標準の音声アシスタント機能をさらに充実させるための付加価値サービスで、スマートフォンでいう所のアプリ的存在。今ではスマートスピーカーを盛り上げるためには欠かせない要素です。

また海外ではAmazonが人気のあるスキルには報酬を支払うなどスマートスピーカースキル開発にも注目が集まっています。

国内では未だボイスアプリ(スキル)を開発・リリースする事で利益・報酬が発生するシステムは整っていませんが、スマートスピーカーの需要の増加と広告システムがうまく導入されると、国内でも今後スマスピ向けのアプリ開発者が増加する一途をたどりそうです。



noidの特徴は?

noid特徴1

プログラミング知識不要!!簡単開発!

noidは、プログラミング知識がなくとも、オリジナルのニュースアプリやカスタムアプリ、ボイスゲームアプリを開発することができます。

操作性と作業効率を重視した、素人でも分かりやすいユーザーインターフェース(操作画面)で、行いたい動作や分岐をマウス操作で関連付けるだけ。

従来の開発環境で面倒だったエラー処理やプログラムの後片付けも、完成された機能をそのまま組み込むだけで必要ありません。

プログラム知識がない方だけでなく、今までスキルの開発者にとっても効率よく開発が行えるツールと言えます。

オーディオファイルをアプリに簡単組み込み

ボイスアプリを開発する上で、オリジナリティのあるアプリデザインを追及すると音声・オーディオファイルの導入は必要不可欠です。

従来の開発では自らサーバーを用意し、そこへアップロードした音楽ファイルと紐づける必要がありコストと手間もかかるものでした。

ですが、noidではドロッグ&ドロップで簡単に音楽ファイルのアップロードと再生タイミングを指定できるため、気軽に個性的なアプリを作成できます。

その場で実機デバッグ。完成したら簡単リリース

noidを活用すると、実際に所有しているスマートスピーカーから簡単に開発中のスキル・ボイスアプリの動作テストが行えます。

本来であれば、英語だらけの開発ツールとストアページを開いてリリース。といった開発~公開手順となりますが、「noid」では完成した場合も、そのままワンタッチで簡単にストアに公開申請する事ができます。

また、AlexaスキルとGoogleアシスタントのボイスアプリの同時開発が行える点も、魅力的といえるでしょう。

利用するには?無料?有料?

スマスピ向けアプリのクラウド型開発サービス「noid」を利用するには、会員登録が必要となります。

今現在は開発段階でリリース予定となる8月までは利用する事ができませんが、公式サイトから事前登録を行う事ができます。

また、商用目的で利用する場合は有料プランが用意されていますが、これが月額でなのか年間なのかは公表されていません。

おそらく実際マーケットに公開する、または機能的で大規模なボイスアプリを作成する場合は有償プランが必須となるでしょう。

公式サイト https://www.noid.ai/

開発企業 株式会社アイリッジとは

noidは株式会社アイリッジが開発したスマートスピーカー向けアプリの開発プラットフォームです。

スマートフォン向け位置情報連動型プッシュ通知ASP「popinfo」の提供や、アプリの企画・開発、アプリを活用した集客・販促支援を行っており、O2Oやアプリ開発の分野では業界トップクラスの実績があります。