音声を介して様々なサービスを利用できる事が魅力的なスマートスピーカー。

最も有名なモデル「Google Home」や「Amazon Echo」といった機種も徐々に世間へ浸透し始めている印象です。

主な機能としては、音楽再生やタイマー機能、スケジュール管理、家電操作などが挙げれますが、どれも生活を豊かにするもの。

しかし、一方で「事件解決や防犯面に役立つ機能は備わっているのか?」気になりませんか?

もし万が一、家族・自分が病気で倒れたり、強盗にあった時に瞬時に警察または救急車を呼べたら…人命に大きく影響がありそうですよね。

本記事では、そんなスマートスピーカーで警察や消防署への「緊急通報」ができるのかどうかを紹介していきます。


Google HomeやAmazon Echoで通報は未対応

googlehomeとAmazonEcho

日本国内で最も知名度の高いスマートスピーカー「Google Home(グーグルホーム)」と「Amazon Echo(アマゾンエコー)」。

それぞれ本体には「Googleアシスタント」と「Alexa(アレクサ)」といった音声AIが搭載されていますが、そのどちらも通報機能を搭載していません。(2018/7/12現在)

これはそもそも電話やメール送信といった外部への連絡機能が未だ搭載されていない事が要因で、必然的に通報も行えない。という事が考えられます。

【関連記事】
スマートスピーカーGoogle Homeで電話はできるの?音声通話方法を紹介。

今後対応する可能性は?

”Googleアシスタント””Alexa”を搭載したスマートスピーカーで今後通報ができるようになるのか?についての公式発表はありません。

ところが、実際にGoogle Homeに「OK Google 警察に電話して」と指示すると

「Google Homeは緊急通報には対応していません。スマートフォンをご利用ください」という返答が返ってきました。

基本的にGoogle Homeで今後実装する見込みのある機能に関する指示をすると「対応していません」との回答をするようにプログラムされている傾向にあります。

またAmazon Echoに関しても、理解できない言葉なら通常では「ごめんなさい」との返答が返ってきますが。

同様のリクエストを投げかけると、何も返答なく強制的に処理が終了します。

この動作からは「緊急通報」関連の命令には何も答えないようプログラムされている事が推測されますので、命令の認識はできていると判断できます。

以上の2点も踏まえると日本版のスマートスピーカーにおける通報機能実装の兆しはありそうです。

Clova Friendsは通報可能?

clova friends

一方、唯一国内で販売されているスマートスピーカーの中で通話が行えるLINEのスマートスピーカー「Clova Friends」の場合ではどうでしょうか?

実際にClova Friendsに「警察に電話して」と指示してみると「警察さんは見つけられませんでした」と回答が返ってきます。

警察アカウントみたいなのがあれば、指定する事で通話できそうですが今のところLINE通話で警察へ連絡する方法はないようです。

ですが、次に「救急車を呼んで!」とリクエストしてみた所、

今の所アシスタント業務として対応していないようです」と返答がありました。

この事から、LINEスマートスピーカーは警察への通報(事件)に関する機能の実装に期待できなさそうですが、救急車を呼ぶことは今後できるようになりそうです!

感想・まとめ

とりあえず、日本国内で発売されているスマートスピーカーで「警察や消防局への通報・要請は現在行えない」というのが現状ではあるものの、それぞれ音声アシスタントには緊急通報に対応しようとする兆しは見えている感じですね。

ちなみに海外のGoogle HomeやAmazon Echoは緊急通報に対応しており、噂ではもめごとなど事件性のある会話や音声を拾うと、自動的に通報する仕組みになっているとかなっていないとか。

実際にその自動認識機能がきっかけで、人の命を救ったなんて事もあったそうです。

【他サイト 関連記事】
911へ電話! ヒーローとなったスマートスピーカー! だけどなんだかゾッとする…

しかし、果たしてこの緊急通報機能。実装してよいものかどうか判断しかねますよね。

スマホで番号を入力することなく、音声ですぐに通報できる事から実際に事件発生時や緊急時に役立つのは間違いなさそうですが、

スマートスピーカーの誤認識で勝手に通報されたり、冗談で指示してみたら本当に繋がっちゃった…なんて事も多発しそうな印象です。

そういった懸念も考えると、もし緊急通報機能を実装する場合は、設定でON\OFFにできるとか、すぐ取り消しできるとかそういった制御を設ける必要がありそうです。