安いスマスピはオススメしない
2017年末に日本国内で発売以降、徐々に世間へ浸透し始めているスマートスピーカー。

音楽鑑賞という本来の機能に加え「検索」「情報チェック」「タイマー」といった便利な機能が追加され、さらには音声で操作できるという面が魅力的な次世代のスピーカーとしても話題となっていますよね。

そんな便利なスマートスピーカーの購入を検討する際、一度は耳にするのが「低価格モデル」のスマートスピーカー。

メジャーな所でいうと

  • 「Google Home Mini」
  • 「Amazon Echo Dot」
  • 「Clova Friends」

が一般的に低価格モデルとして認識されていますが「コスパが良い」とは正直思えません。

というのも私自身、スマートスピーカーを自宅に何台か設置しておりその中には低価格なものから、中盤価格、ハイクラスなものなど様々な機種がありますが結局愛用しているのは、コンパクトで音質の良い「Google Home」か「Echo Plus」といった中盤価格帯のモデルなのです。

そしてもし友人・知り合いに「スマートスピーカーは何が良いかな?」と聞かれたら間違いなく私は15,000~の価格帯のモデルを推奨します。

本記事ではなぜ低価格スマートスピーカーを推奨しないのかについて理由を3つ紹介していき、これからスマスピのご購入を検討している方の参考にして頂ければと思います。


理由1.音質が低い

google play music画面
「音楽ストリーミング再生」はスピーカーというだけあって、スマートスピーカーで最も利用する機能です。

実際にスマートスピーカーを所有している方へアンケート調査の報告でもこの結果は立証済み。それほどユーザーは音楽鑑賞のツールとしてスマートスピーカーを愛用しています。その他音声操作機能はあくまでオマケなのです。

しかし、いわゆる1万円以内のスマスピ達の音質は、正直微妙。モデルによっては音飛びもしますし、最新スマホと比べてもそこまで大差ない印象です。

個人的には低価格のスマートスピーカーを買うなら「スマホでもいいじゃん」と思うわけです。スマホにも音声AIは使えますしね。

もし低価格スマートスピーカーの購入を検討している方がいるのであれば、あと+5000ほど奮発して高性能なスピーカーで音楽を聴く方が間違いなく音楽鑑賞を楽しむ事が出来ます。

ちなみ上記動画では低価格スマートスピーカー「Google Home Mini」と通常性能の「Amazon Echo」との音質を比較したものです。

Google Home Miniはクリアで音が軽い印象、一方でAmazon Echoは深みがあって低音が特徴的です。

もちろん音質には人それぞれ好みがありますし、動画上では少し分かりにくい点がありますが、実際に聞き比べてみるとその差は歴然です。

改めてはっきり言います。スマートスピーカーで音楽を聴こうと思う人は、音質が低い機種を買う意味はありません。スマホで充分です。

【関連記事】
【徹底比較】スマートスピーカー「JBL LINK 500」の音質はどれくらい優秀なのか?

理由2.マイク性能が低い

マイク性能良くない

Google Home MiniやEcho Dot、Clova Friends Miniといった低価格モデルは安い分、マイク性能も乏しい傾向にあります。

スマートスピーカーの操作は主に音声がメイン。基本的に指示はウェイクワード(OK Googleなど)に続くので、いくら便利といえども正しく聞き取ってくれず再度言い直しをするのはかなりストレスに感じてしまいます;

ただでさえ、マイク性能がとても優秀と言われる高価格スマートスピーカーでも正しく声を認識してくれない事もあるのに、低い性能のマイクが搭載されているとなると結構不安定です。

私自身、Echo Dotを所有していますが聞き取りミスも多く、朝のアラームを止める時「アレクサ 止めて」と指示しても聞きとらない事があるとイライラしてしまう事が実際にあったのです。

一方でマイク性能の安定しているGoogle Homeは、それなりに声の指示通り、きちんとアラームを止めてくれるのでマイルームのレギュラーを獲得しています。

理由3.手動操作が面倒

ジェスチャー
スマートスピーカーは基本的に音声による操作がメインとなりますが、手動でも音量の調整や、停止処理、ミュート設定といった事が可能となります。

時にはスマートスピーカーが手に届く範囲にあれば、直接手動で行った方がテンポよく操作できる局面もあるのである程度手動操作が充実している点も重視するべきです。

しかし、低価格モデルとなると音楽の停止ですら手動できないケースがほとんどで、すぐに音楽を止める事もままなりません。これも非常にストレスに感じてしまいます。

Google Homeに至っては音楽停止や処理停止、ウェイクワードの省略もワンタッチで済みますし、スワイプで簡単に音量調整ができます。

中にはSONYの「LF-S50G」のような本体に触れなくとも指を近づけて手動操作ができるモデルも存在します。手が汚れていてもすぐ操作ができる点が魅力的な機種です。

また最近ではタッチパネルを搭載した「Echo Show」や「Echo Spot」も登場しているので、これから手動操作も充実したスマートスピーカーが流行る傾向にあるようです。

【関連記事】
Amazon Echo Showで出来ることって何?特徴や魅力をご紹介
【比較】Amazon Echo Spot(エコースポット)他機種との違いは?

感想まとめ

ここまで、低価格スマートスピーカーをオススメしない理由をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

主に「音楽鑑賞」という観点を重視した意見とはなりますが、せっかくスマートスピーカーを買うのであれば間違いなくお世話になる機能なので「スピーカー性能」と「音質」は外せない項目かと思います。

もし、割り切って「自宅をスマートホーム化だけをしたい!」という方や、音質の良さも大してわからないお子様向けとして購入するのであれば低価格モデルはオススメです。

以上をご参考の上、スマートスピーカーのご購入に役立てて頂ければと思います。

【関連記事】
【最新版】Alexa搭載スマートスピーカーのオススメ機種は?
【最新版】Googleアシスタント搭載のオススメ機種はどれ?