スマートスピーカー比較
スマートスピーカーとは音声AIを搭載することで手動だけでなく、声で音楽再生操作が可能な最先端のスピーカーです。

使い方としては「OK Google 音楽を再生して」といったように指示するだけで簡単に再生が可能。好きな楽曲だけでなくアーティストやプレイリストの指定も可能とかなり便利なスピーカーとなっています。

そんなスマホ以上の音質を体感できる上に、離れたところでリモコンを必要とすることなく再生できる事で注目を集めているスマートスピーカーですが…。。

果たして本当に買うべきなのでしょうか?

本記事ではそんな疑問を思う消費者に対し、少しでも参考になればと思い、実際に3機種スマートスピーカーを自宅に設置し1年以上愛用している筆者の体験談を交えて正直な感想をお届けしていきます。

【関連記事】
【2018年最新版】オススメのスマートスピーカーはどれ?機種別の魅力や特徴を紹介。


最も利用する機能

echo dot
スマートスピーカーは音声AIを搭載することで、音楽視聴以外のサービスを利用することができます。これは各音声AIのメーカーなどにもできることの範囲は変わってきますが、大体は同じです。

ですがやはり「スピーカー」というだけあって最も利用する機能は音楽視聴やラジオ再生と断言できます。

特に自宅の一人部屋や作業部屋では作業しながらでも音楽をかけることができますし、音質も満足いくもの。音量の変化や、曲のスキップなどは手を使わずにできるので、まさに声がリモコンになったという印象を受けます。

他にも「環境音楽」といったリラックス効果のある音楽も気軽に聞けるのも長所です。

ただし楽曲を再生するには各音声AIに対応した音楽配信サービス(Google Play MusicやAmazon Musicなど)に加入しなければならないので、毎月1,000円ほどの費用がかかってしまいます。

音楽再生以外の便利な機能

alexaスキルl
上記ではスマートスピーカーで最も利用機能は「音楽鑑賞」と紹介しましたが、それ以外にも便利な機能は多くあります。

例えば「目覚まし機能」の関して言えば、朝のアラームを手動ではなく声で止めることが可能。わざわざスマホや目覚まし時計の位置を手探りで探す必要もなくなります。さらに「あと30分寝かして」といえば自動で30分後にアラームが鳴るよう再設定してくれます。

またスマートホーム機能も便利で、スマートスピーカーは照明やエアコンと連動することで音声で電源の入り切りが可能となります。

就寝時にはわざわざ照明リモコンや電源の場所まで行って切る必要もないですし「あー寒くなってきた」と思えばあらかじめ設定しておけば声で「さむい」と言えば暖房で部屋を暖めるなんてことも実現できます。

こういった声で操作することが思った以上に便利なので、スマートスピーカーは我が家にとっては生活に欠かせないアイテムとなっています。

スマホとどっちが便利?

スマホ一覧
ここまでスマートスピーカーでは「音楽鑑賞」「アラーム」「ラジオ視聴」「家電操作」など様々な機能が利用できると紹介して参りましたが、正直な所これら機能はスマホでも利用可能なのはすでにご存じですよね。

ではスマートスピーカーとスマートフォンではどっちが便利なのでしょうか?

答えは時と場合によるが正解と言えでしょう。

例えば、家電操作の場合すでにスマホを手にしている状態であれば、声で操作しなくてもそのままスマホで操作すればよいわけでスマートスピーカーは必要ありませんよね。ただスマホが手元から離れている場合だと、スマートスピーカーを活用すればスマホを探す手間を省きながら目的を達成できます。

ただ、スマスピはゲームアプリはもちろん利用できないのでエンターテインメント性に関してはスマホの方が圧倒的。他にも物事を具体的に調べたい場合もスマホの方が便利です。

ですが、一方で音楽視聴に関してはスマスピは高音質。スマホに比べると比較にならないほどです。おそらく何度かスマスピで音楽を聴くともうスマホでの音楽視聴に戻れない。といえるほどではないでしょうか?これは大げさではありません。

といった用に目的や状況によってそれぞれ活用できるので、そもそもどちらが便利などと比べるのも違うかもしれません。そういった意味ではスマートスピーカーすでに新しい役割を担う家電として確立していると言えるのかも。

ちなみに最近ではタッチディスプレイを搭載したスマートスピーカー(Amazon Echo Show)も登場しており、映画やTV番組を楽しむこともできます。こういったスマートディスプレイの登場によりスマホの利用率が下がっているという調査データも発表されています。

【関連記事】
スマートスピーカーはスマートフォンとどう違うの?出来る事やメリットは?

低価格モデルはオススメしない

低価格スマートスピーカー
ちなみにスマートスピーカーの価格相場をご存知でしょうか?

通常性能のモデルの場合、平均価格は¥10,000~¥16,000となっています。

しかしそんな中でも利用できるサービスはほぼ同じにも関わらず、本体サイズもコンパクトでかつ安く購入できる機種が存在します。

いわゆる低価格スマートスピーカーというやつです。

人気のモデルとしては「Google Home Mini」「Echo Dot」「Clova Friendsシリーズ」などが挙げられますが、正直な所あまりオススメはしません。

これはあくまで個人的な感想となりますが、低価格モデルはスピーカーの性能がとても低くスマホと大して変わらない印象を受けます。さらにマイク性能も低いので声の認識力も弱くストレスを感じることがありそこまで機能としての豊かさを感じません。

おそらく私個人が音楽鑑賞をメイン機能として活用しているからそう思うのだと思いますが控えめに言って、低価格モデルを買うぐらいならスマホさえあれば十分だろう。と思います。

確かに安くて購入できますし場所も取らないので魅力的かもですが、そこまで利便性を感じません。もし低価格モデルのご購入を検討しているのであれば家電操作目的というのなら有りだと思います。

感想とまとめ

いかがでしたでしょうか?

個人的な意見や偏見もあるかもですが、実際に1年以上色んな機種のスマートスピーカーを愛用してきた感想を正直に書いてみました。

低価格モデルに関しては正直必要性は感じませんが、音質の良い据え置き型スマートスピーカーであれば利用価値は十分にあります!

音声操作はやはり便利ですし、これからも愛用していくつもりです。買った事も後悔していません。

【関連記事】
【体験談】スマスピはいらない?1年間実際に使ってみた感想