SRS-XB501G防水
SRS-XB501Gとは、一見、強力な音質を誇るアクティブスピーカーのような印象を受けますが実際の所は音声AIを搭載したスマートスピーカーです。

販売元は日本が誇る機器メーカー「SONY」となっており、すでに発売している防水加工やジェスチャー操作が魅力的な「LF-S50G」を凌駕するスペックでいわゆる高性能モデルとしてカテゴリ分けされるスマートスピーカーとなっています。

本記事ではそんな新発売のスマートスピーカー「SRS-XB501G」の魅力や特徴について従来の機種との違いも交えながら、紹介していこうと思います。


低音に特化した高音質とボリューム

extrabass高音質
スマートスピーカー「SRS-XB501G」は、従来のスマートスピーカーと圧倒的に違う点が

「パーティーやライブ活動に特化したモデル」であるという事です。

それほどまでに広い空間でも音を隅々まで広げる力強さを持っており、内部には直径約45mm口径のフルレンジスピーカーユニットを2基大口径直径約125mmのサブウーファーを搭載する事で、大迫力な音質を実現しています。

特に低音を強化する「EXTRA BASSモード」という機能も搭載されており、重低音が特徴的な現代のEDMも充分に肌で感じる事ができます。

さらに加えて高音質デジタルアンプ技術「S-Master」や、圧縮された音源で失われがちな高音域を効果的に補完する「DSEE」など、ソニーが培った先進の高音質技術も投入する事で、従来のスマートスピーカーではあり得なかった高音質をどこでも体感できるスペックとなっています。

ちょっとしたパーティーやゲリラ路上ライブに最適なスマートスピーカーと言えるでしょう!

バッテリー搭載で持ち運び可能

SRS-XB501F三脚
上記ではSRS-XB501Gは外での利用に向いていると記述した通り、本体にはバッテリーを搭載する事で持ち運びがとても容易となっています。

バッテリースペックは約5時間の充電で最長16時間再生が可能で、さらには三脚にも対応しているモデル設計。

加えて防水加工と防じん加工もされているので、水回りやキャンプ場といった場所でも利用しやすいのは魅力的です。

ここまで外での利用に特化したスマートスピーカーは、本機種ぐらいです。


音声AIに「Googleアシスタント」を搭載

googleアシスタントロゴ
スマートスピーカーで最も重要となのが、搭載される音声AIの種類。どの音声AIを採用するかで利用できるサービスや便利さは大きく変わってきます。

尚、SRS-XB501FにはGoogle Play MusicやYoutubeの再生、そして安定した動作が魅力的な「Googleアシスタント」が採用されています。

特に今回のSRS-XB501Gは音質に特化している事や、持ち運び可能でライブやパーティーで利用しやすい事から、今若者の中でも流行りの音楽配信サービス「Spotify」にも対応している点を考えると「Googleアシスタント」はコンセプトに合った音声AIと言えますし。

Google Play Musicに関してはサービス外の楽曲もアップロードし再生する事ができるので、パーティーではかなり活躍しような印象です☆

ちなみに「Googleアシスタント」は「OK Google」と指示すれば反応する音声AIとして有名ですよね。

手動操作も充実

SRS-XB501Gの手動操作

本来音声操作がメインとなるスマートスピーカーですが、手動操作の充実度も操作パフォーマンスの向上に大きく影響してきます。

今回のSRS-XB501Gに関しては本体モデル上部にある再生ボタン1つで「音楽の再生/停止」「次の曲へ移動/曲の頭出し」が容易となっています。

SRS-XB501Gのbluetooth接続
さらには、従来のスマートスピーカーでは少し面倒であったBluetooth接続もNFC搭載のスマートフォンであれば、本体上部にスマホかざすだけでBluetoothのワンタッチ接続が可能。簡単にスマホの楽曲をSRS-XB501Gから再生する事ができます。

またスマホアプリ「Music Center」をインストールしておけば、スマートフォンの音楽を再生・停止したりイコライジング機能の操作も行え、より操作レベルを上げる事ができます。

デザイン仕様とサイズ感

SRS-XB501Gのライティング機能

SRS-XB501Gの本体サイズは約232mm×228mm×210mmで重さ約3,100gと従来のスマートスピーカーの中では大きめのサイズ感で少し丸みのある四角型のフォルムが特徴的。

特に再生中の音楽に合わせて、前面のラインライトとストロボフラッシュとスピーカーライトが光る仕様は、暗い空間では綺麗に映り場の雰囲気を盛り上げる要素は魅力的です♪

SRS-XB501Gの持ち運び

また本体重量は約3kgと少し重めの印象ですが、本体背面部に取っ手がついているので持ち運ぶ際には不便せず、むしろお洒落に持ち運べる印象です。

発売日と価格

ソニー「SRS-XB501G」は、ソニーストアでは¥34,880 。

楽天市場やAmazonでは¥37,000前後で購入する事ができます。

すでに発売されていますので、自宅に早く届けたい方は楽天やAmazonを。安く購入したいのであればソニーストアがオススメですね。

感想まとめ

ついに、自宅用以外にも持ち出し用のスマートスピーカーが出た!って感じで、かなりパリピ向けな印象♪

見た目もまさにインスタのアイコンを意識したようなインスタ映えするデザインで、音質に関しても業界の中ではトップクラスです。

普段から趣味で音楽活動をしている方や、BARやミニライブ会場といった箱をお持ちの方。また音楽活動をしているけどスマートスピーカーに興味があるという方にオススメかと思います。

少し値段は張りますが、10代後半から20代の若い層のスマートスピーカーのシェア率を伸ばしそうな気もしますね。



関連動画