“Zolo(ゾロ)”とは?

ankerzoloブランド
スマートモバイルバッテリーやイヤホンなど、高性能周辺機器で高い評価を受けるAnker(アンカー・ジャパン株式会社)が立ち上げた新ブランドです。
発表されたばかりで出来たてほやほやブランドなので発売されている製品はまだありませんが「低価格かつ高性能で新しいオーディオ機器を世に発信する」をコンセプトにしたブランドとして注目を浴びています。

そんな”Zolo”ブランドから2機種のモデルを販売がAnker(アンカー・ジャパン株式会社)にて公表された中、それぞれ特徴や魅力にはどういったものがあるのでしょうか?本記事では”Zolo(ゾロ)”ブランドのスマートスピーカーについてまとめてみました。

“Zolo”ブランドのスマスピの特徴

“Zolo”ブランドからは2機種のスマートスピーカーが発売されます。
それぞれ名称は決まっていませんが性能やモデルのビジュアル、詳細が判明しているのでそれぞれの特徴を紹介していきます。

音声AIは「Amazon Alexa」を採用

amazon-alexa-logo
「Amazon Alexa」とはAmazonが開発した音声アシスタントプログラムです。
Amazonから発売されるスマスピ「Amazon Echo」「Echo Dot」にも同様の音声AIが採用されており、主にAmazonプライムやAmazon musicなど、Amazonのサービスと連動して利用できるのが特徴的です。

分かりにくい方は、スマートフォンでいう所の色んなメーカーの端末に導入されている「Android」がスマートスピーカーで言う所の「Amazon Alexa」に当てはまるイメージをして頂けると良いかと思います。

音声AI「Amazon Alexa」を導入する事で今話題のスマートスピーカー「Amazon Echo」とほぼ同等のサービス利用を実現しています。

高性能なスピーカー

“Zolo”ブランドから発売されるスマートスピーカーには、高性能で臨場感のある音楽を体感できるスピーカーが搭載されています。
通常サイズのモデルには、6W(ステレオ)が2個。ミニサイズのモデルには 5W(モノラル)が内蔵されており、どちらも本体モデルの約3/2がスピーカーになっているのが特徴的です。

デザイン・サイズ

zolo
上記画像左、ミニサイズモデルの重さは約318g。画像右、通常サイズモデルの重さは約670gとなっています。
横幅直径は変わらず、縦幅でサイズが変動しています。

カラーバリエーションは現在ブラックのみ。

バッテリー内蔵

PowerIQ 2_0
“Zolo”ブランドのスマートスピーカーで最も評価したいのは「持ち運んで利用できる」という点です。
本体にバッテリーを搭載する事で持ち運びを可能にしており、モバイルバッテリー技術で定評のあるAnkerらしい仕様です。
さらにバッテリーのみの利用だけでも最長で約8時間も長持ちし「PowerIQ 2.0」という技術により最速で1時間半での最大充電を可能にしています。

しかし、バッテリーは通常サイズのモデルのみの内蔵となりますのでご注意を。ミニサイズモデルにはバッテリーは内蔵されておらず持ち運びはできません。

防水機能

“Zolo”ブランドのスマートスピーカーには防水加工(IPX5)がされています。
そのため持ち運びの際、雨に濡れても安心して利用する事ができます。

ただし防水機能も通常サイズモデルのみの対応で、ミニサイズモデルには防水加工はされていませんのでご注意下さい。


他機種との違いは?

主に他機種スマートスピーカーに無い要素として「バッテリー内蔵」「防水加工」という部分が挙げられます。

バッテリー内蔵で持ち運びできる点はLINEのスマスピ「Clova WAVE」と同じですが電池持ちが約2~3時間あまり長持ちしないとの評価を受けています。
それと比べ”Zolo”ブランドのスマスピのバッテリは約8時間長持ちするとの事で、音楽流しっぱなしでも4時間は利用できるあろう予測がされています。

また防水対策加工がされている機種は、SONYの「LF-S50G」と今回紹介する「Zolo」のスマートスピーカーのみとなっています。

“Eufy Genie”との違いは?

新ブランド「Zolo」を立ち上げたAnker(アンカー・ジャパン株式会社)は、他にもスマート家電ブランド「eufy」からも「Eufy Genie」というスマートスピーカーを販売すると公表しています。

「Eufy Genie」はコンパクトで軽量、低価格なのが魅力的で音声AIには”Zolo”同様「Amazon Alexa」が採用されているモデルです。
しかし価格が安い分「Zolo」のスマスピよりも音質は劣り、BlueToothは非対応。バッテリーも内蔵されていません。

バッテリー
防水加工
Bluetooth
価格 ¥4,980 不明 不明

【関連記事】
コスパ最強!Ankerの「Eufy Genie」が高性能で安すぎる!

発売日・価格

発売日、販売価格はまだ未定ですが「Amazon Echo」よりも高性能なので、ミニサイズモデルが約1万8000~、バッテリー内蔵モデルは3万~という予想がされています。

分かり次第随時更新致します。